スポンサーサイト

  • 2015.07.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ドローに等しい勝利…:日本代表 VS エクアドル代表

    • 2006.03.30 Thursday
    • 21:46
    きょうの代表戦は、南米チームであるエクアドルに勝利。しかし、後半エクアドルの選手の運動量は目に見えて落ちていた。2002年のWCでエクアドルがスロバキアと戦った時とは、別のチームに見えた。

    佐藤寿人選手の1ゴールで勝ったわけだが、日本代表に海外組がいなかったとはいえ、もう1ゴールは欲しいところだった。玉田圭司選手もいい動きをしていたので、得点できなかったことと、佐藤選手がゴールを決めたことで、複雑な心境だったと思う。

    日本代表05-06 ホーム オーセンティック ユニフォーム

    個人的には、久保竜彦選手のゴールとその後のパフォーマンスが見られなかったのが残念。いつものマリノス戦の表情と比較すると顔色も悪く、きょうの体調は万全ではなかったのかもしれない。

    なにはともあれ、ジーコジャパンが南米チームに勝てたことを喜ぼう。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    手堅く勝ち点3を取ることができるチームになったマリノス:J1第4節大分トリニータVS横浜F・マリノス

    • 2006.03.22 Wednesday
    • 21:10
    きのうの大分トリニータ戦は、キックオフから2分でマリノスが得点し、試合の流れをつけたかに見えた。前節のセレッソ戦と逆の展開である。

    こういう試合の流れは要注意だ。応援する方も応援を忘れて試合を観てしまうことがある。少なくともきのうの自分は、TVの前でただ試合を観ていた。

    サッカーでは全力をつくしていないと、試合の流れは簡単に変わるし、変わった流れを戻すのはむずかしい。選手達に全力を出し切らせることも、監督の大事な仕事の一つである。

    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~
    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~

    それにしても、なぜきのうの自分はあんなにテンションが低かったのだろう。自分でも不思議なのだが、強いて言えば週末のレッズ戦のことを考えていたからだと思う。

    リーグ優勝をする上で、チームは次節のレッズ戦には負けられない。サポーターとしては、ホームゲームの応援では絶対に負けたくない。

    人気blogランキングへ参加しています!

    岡田ジャパンが見たい…:[#00388]日本代表監督論―日本代表をつくってきた男たちの10年<オススメ度:307ポイント>

    • 2006.03.19 Sunday
    • 19:41
    WBCで王ジャパンが準決勝で韓国を破り、決勝進出を決めた。決勝ではキューバと対戦することが決まった。上原投手の好投と、福留選手の一発が効いた。個人的には、イ・ジョンボムのファールボールをジャンピングキャッチした多村のファインプレーが流れを変えたように思う。

    日本代表監督論―日本代表をつくってきた男たちの10年
    日本代表監督論―日本代表をつくってきた男たちの10年
    潮 智史

    きょう紹介する本は、著者の潮智史さんが書いたサッカーの日本代表監督論。選手との確執と信頼や、サッカー協会との軋轢が生々しく語られている。勝てば褒めそやされ、負ければ采配を批判される代表監督という仕事は、決して気楽な職業ではない。

    初めてのプロの外国人監督としてサッカーとは何かを解きほぐしたハンス・オフト。指導者としてその能力を発揮されないまま日本を去った元ブラジル代表パウロ・ロベルト・ファルカン。豊富な経験とそれに裏打ちされた新が戦術を硬直化させた加茂周。

    選手と監督の関係は、最後は監督としてではなく、人間としてつきあえるかどうかと言う岡田武史。日本のサッカー界そのものを鍛えた私が大嫌いなトルシェ。選手に自主性を促すジーコ。

    私としては、2006年ドイツWCまでとなるジーコの後任には、現横浜・Fマリノスの岡田監督が登用されることと、今度は4年間のフルタイムが与えられることを期待している。マリノスの監督も続けて欲しいし、複雑な心境でもある。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    首位奪還!!!:J1第3節横浜F・マリノスVSセレッソ大阪

    • 2006.03.18 Saturday
    • 21:11
    セレッソ大阪戦は、キックオフ直後に、警戒していた森島選手のヘディングによる得点で始まった。森島選手のプレースタイルは好きではないが、サッカー自体は上手いと思う。

    途中から降リ出した雨は、容赦なく選手とピッチ、そして屋根なない席にいるサポーターを濡らす。試合は、終わってみれば、3:1とマリノスの勝利だった。久保選手のゴールが見れなかったのが残念。首位奪還を素直に喜ぼう!

    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~
    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~

    マグロンで追いつき、追い越し、マルケスでとどめを刺す。まさにブラジル人トリオの面目躍如たる勝ちっぷりである。試合前には、ゴール裏に彩りを添えるべく、サテン地のチェッカーフラグを購入したが、ポールを売っていないためお披露目はレッズ戦に。

    次節はポールを購入し、思いっきりフラッグを振りたいと思う。サポーターグッズとして、別売で構わないので、ポールを商品化して欲しいものだ。300円くらいなら迷わず買いますよ!500円ならば、迷った上で気分が良ければ買う。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    日本代表FWの戦いはドロー:J1第2節鹿島アントラーズVS横浜F・マリノス

    • 2006.03.11 Saturday
    • 21:37
    鹿島アントラーズにとってはホーム開幕戦。絶対負けたくない試合。しかも、相手は横浜F・マリノス、絶対負けたくない相手だったと思う。結果はマリノスの勝利。マグロンの2点とドゥトラの1点で0-3の完封試合だった。負けたアントラーズはさぞかし悔しかっただろうと思う。

    京都パープルサンガ戦でも書いたが、今年のマリノスのサポソンは歌いやすくて、ただ聴いていても楽しい。TVから流れてくるサポソンに合わせて自分も気づいたら口ずさんでいた。前節に引き続きマグロンが先制点を決めた。日本のサッカーに馴染んできたのだろう。1年で返されなくて良かった。

    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~
    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~

    今年のマリノスの対戦相手にとって、いまのマリノスのドゥトラ・マグロン・マルケスのブラジル人トリオは間違いなく脅威となるだろう。肝心の日本代表FW同士の対決はドローで終わった。結果にはつながらなかったが、マルケスが必ず久保を目で追いながらプレーしているのが、見てて嬉しかった。マルケス自身シュートを打てるタイミングも合ったように思う。

    勇蔵のセンターバックがこのまま定着するかも見守って生きたい。相手ディフェンダーと競り合い顔面をピッチにぶつけていたが、骨折していないことを祈るばかりだ。1位の川崎フロンターレが大量得点を続け、得失点さで上位にいっていることと、前半の対戦相手に恵まれていることが気になるが、ケガ人さえでなければ、いまのマリノスは今年十分行けると思う。

    ホームゲームのみの参戦となるが、1試合1試合を大切に気を抜くことなく、ゴール裏からサポートしていきたい。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    楽しさがカギになるか…:J1第1節横浜F・マリノスVS京都パープルサンガ

    • 2006.03.06 Monday
    • 22:05
    きのうは横浜F・マリノスのホーム開幕戦を思いっきり楽しんできた。期末試験前日の長女は自宅で勉強。学芸会だった次女が学校から帰ってくるまでの時間差を利用して家内は前半戦のみ参戦。自分は観戦仲間と一緒に、最後までゴール裏で応援した。

    スタジアムでいつもの席に着くと、椅子の上にはサポソンの新曲の歌詞と席ごとに決められた青・白・赤の風船を見つけた。新曲は既にPSMで披露されていたようで、違和感なく歌っていたサポーターも多かったが、始めて歌う自分にとって風船と一緒に配られた歌詞カードはありがたかった。新曲は歌い易く、これなら歌詞カードさえあれば、始めてスタジアムに来た人でも歌えるだろう。

    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~
    HISTORY OF YOKOHAMA F・MARINOS~20世紀の軌跡~

    試合前には、新ユニフォームの御披露目もあり、選手入場の際には配られた風船がスタジアムのいたるところをトリコロールにしていた。京都パープルサンガの応援席は、少人数ではあったがまとまりのあるコンパクトな応援をしていた。マリノスのゴール裏にトリコ傘やフラッグが舞った瞬間、アウェイ側のゴール裏が一瞬静かになったシーンがあった。アウェイ側から見てインパクトがあったのだろう。

    試合結果は4-1で、最後まで安心して試合を見守ることができた。前半開始後4分マグロンの先制点と、ツートップのフォワードが3得点あげた試合内容はまずまず。ことしの年末は盛り上がることができそうな予感がした。印象的だったのは、マルケスのボールさばきの上手さと、視界の広さだ。何度か攻撃の起点になるパスを出していたし、展開が大きくダイナミックなのが今後も期待できる。

    久保のハットトリックを期待する気持ちも大きかったのだが、それよりはマルケスが得点をしツートップが他チームにとって脅威になることを望んだのだが、試合後に柳沢と我那覇がハットトリックを達成したというニュースを聞いて、複雑な心境にもなった。ジーコが迷い始めるのではないだろうかと…

    マリノスは得失点差が3点あったので、第1節終了時点でリーグ1位かと思っていたら、川崎フロンターレが6-0で勝っていて2位スタートとっていた。いずれにせよ、今年のリーグ戦の成績を占う上で、次節の鹿島戦の結果に注目したい。チームもサポーターも熱くなる試合になることは間違いない。

    きのうゴール裏で感じた“楽しい”という感情が、今年マリノスを優勝に導いてくれるカギとなる気がする。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    負けに等しいドロー…:日本代表 VS ボスニア代表

    • 2006.03.01 Wednesday
    • 19:37
    きのうの代表戦、みぞれ交じりの雨の中、ぬかるんだピッチのコンディションはいいとはいえない状態だった。もっといいコンディションで、国内組と欧州組の連携が見れなかったのが残念だ。

    結果は2-2とドロー。後半終了間際に同点に追いついたところは素晴らしかったが、ボスニアが若い選手に経験を積ませるためか選手をかなり入れ替えた跡だったので、内容的には負け試合と言っていいだろう。

    同点弾を生み出したヒデと、きのう2点をアシストした俊輔のヨーロッパでの経験と才能とセンス、そして戦う姿勢に助けられた試合。能活の2点目の失点を、ボールを前に落としたからミス扱いとする記事があるが、あれは難しいボールだと思う。

    日本代表05-06 ホーム オーセンティック ユニフォーム

    チームが4バックという戦術になじんでないのか、後半ディフェンスの機能が低下していた。4バックにしたときの左サイドの穴埋めが課題だと感じている。正直言って、三都主がディフェンスに入ったときは、安心して見ていられず緊張感が走るのだ。

    相変わらずラフプレーを続ける福西やきのうの三都主のような不必要なファールが、ワールドカップ本番で代表チームを窮地に陥れないことを祈るばかりだ。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    日本を繋ぐ青い絆、ガンバレ日本代表!:[#00374]青の肖像<オススメ度:257ポイント>

    • 2006.02.28 Tuesday
    • 19:22
    きょうはサッカー日本代表戦、ドイツでワールドカップ会場を使ってボスニアとテストマッチを行う。国際Aマッチデーでもあり、海外組みが合流しての久しぶりに振る代表メンバーでの戦いとなる。ドイツワールドカップのスタメンを予想する上でも、興味のある一戦となるだろう。

    青の肖像
    青の肖像
    小松 成美

    きょう紹介する本は、雑誌Sports Number PLUSに掲載された小松成美さんの日本代表を密着取材記。客観的な目で日本代表選手たちを見つつも、選手サイドに立ち書かれた文章にはサッカー好きの一人として好感を持てる。いまでも、2002年日韓共催のワールドカップのメンバー発表の日、中村俊輔選手の名前が読み上げられなかった時の、怒りと悔しさと悲しさは忘れられない。あれから4年、今日のボスニア戦のピッチ上で、そしてワールドカップ本番で活躍する俊輔を見るのがいまから楽しみだ。そして、ゴールマウスを守る能活の姿を見ることも。

    小松さんは、この本の中で、日本代表ユニフォームの「青」はなお、サッカーに魅せられた人々をしっかりと繋ぐ記号となったと言っている。私もそう思う。そして、日本代表の選手にロングインタビューを行ってきた小松さんは、改めて“代表選手”であることの厳しさと崇高さを知ることになったと告白している。私も同じように、戸塚のトレセン等でマリノスの代表選手が練習する姿に、畏敬の念を覚えたことを思い出す。ドイツワールドカップの前に一読しておくすることをオススメします。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    祝!ノルマ達成:日本代表 VS インド代表

    • 2006.02.22 Wednesday
    • 21:45
    インド代表のFIFAランキングと過去の対戦成績を考えて、ホームゲームのきょうは最低5点はとって勝つだろうと予想していた。無失点で6得点という結果は上出来といっていいだろう。

    記念すべきジーコジャパンの記念となる100ゴール目は予想通りきょう生まれた。ただし、久保選手が100ゴール目を決めるといった希望的観測はハズレ。100ゴール目を狙っていたという小野選手が、記念すべき100ゴール目を決めた。

    日本代表 Go for 2006 ! 初回限定コンプリートBOX
    日本代表 Go for 2006 ! 初回限定コンプリートBOX

    そういえば、ジーコジャパン初戦のジャマイカ戦で記念すべき1ゴール目を決めたのも小野選手だった。あのときは国立競技場で、中村俊輔選手に決めて欲しいと思いながら観戦していたことを思い出す。

    三都主選手は途中交代ででてきたが、リズムに乗れた時は攻撃の起点にもなっていたのだが、今回も守備に不安を感じた。嬉しかったのは、久保選手が90分戦い抜いたことと、2点決めたこと。

    ロスタイムに2点目が決まった後の久保選手の表情に、何か吹っ切れたものを感じた。頼むぞ〜ドラゴン。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、ご協力お願い致します!

    勝ってあたりまえ、でも勝ってよかった!:日本代表 VS フィンランド代表

    • 2006.02.19 Sunday
    • 07:14
    2006年2月15日付けのFIFAランキングで日本は18位、フィンランドは46位。格下チームとのホームゲーム、勝って当たり前のきのうの試合は、アメリカ代表との試合に比べたら落ち着いてゲームを見守ることができた。なによりも嬉しかったのが、久保選手の久しぶりの代表ゴール。インド代表戦以来の1年8ヶ月ぶりの代表復帰ゴールだ。

    2点目の追加点を放った小笠原選手のアイデアとセンス、そして技術の高さは素晴らしいものだ。狙ったロングシュートだったのだと思う。FWとして走り回った巻選手、左サイドの加地選手のプレーも印象に残った。右サイド村井選手はディフェンスの安定感もあり、三都主選手より安心して試合を見守ることができた。

    日本代表 Go for 2006!2005シーズン
    日本代表 Go for 2006!2005シーズン

    過酷なワールドカップの試合を勝ち進んでいくには、技術と実績以外にも運を味方につける能力である。マリノスが2003年にJリーグ年間優勝を決めたとき、後半ロスタイムにゴールを決めた強運の持ち主である久保選手は、2006年ドイツワールドカップになくてはならない存在のひとりだろう。

    そして、もうひとり、マリノスが年間優勝を決めたときに、久保選手にロングボールを出した最後まで勝利をあきらめない松田選手の存在も忘れて欲しくない。マリノスサポータとしてわがままをいうなら、このドイツワールドカップで久保選手、中澤選手、松田選手、中村俊輔選手、川口能活選手の活躍が見たい!

    インド代表のFIFAランキングは100位以下、ジーコジャパンの記念となる100ゴール目が2月22日に生まれるのは間違いないだろう。そういえば、1年8ヶ月前のインド戦で先制したのは久保選手だった。100ゴール目も久保選手に期待したい。

    人気blogランキングへ:ココをクリック、協力お願いします!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アマゾンベストセラー

    楽天ブックス

    いま楽天ブックスが旬! 楽天ブックストップページ 今なら390円のコミックでも、400円の文庫でも、どんな本でも送料無料!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Jリーグ百年構想をみならおうよ!:[#00378]世界でいちばん住みたい家
      修ちゃん (03/29)
    • アクセスアップして注文増やす!「勝手」にアマゾンで「買って」ねキャンペーン実施中!:[#00394]ホームページアクセスアップ完全計画―検索エンジンからのリンクがどんどん増える!
      titi (03/26)
    • 岡田ジャパンが見たい…:[#00388]日本代表監督論―日本代表をつくってきた男たちの10年
      ほくろげ (03/19)
    • 快眠を目指してまくらを注文!:カテキン半パイプ枕
      titi (02/15)
    • 人は一夜にして変ることができる!:6000人を一瞬で変えたひと言
      成功おたく (11/12)
    • 自分らしさ?:自分らしく生きているかい?
      むっちゃん (09/04)
    • 80対20の法則の達人になる!:人生を変える80対20の法則
      サカキ (08/26)
    • 絵が描ける!:脳の右側で描け
      氏家広樹 (08/18)
    • 勉強しよう!:勉強なんてカンタンだ! 齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第(1)巻 斎藤孝の「ガツンと一発」シリーズ
      ヒロ斎藤 (08/07)
    • プロフェッショナルになる方法はドラッカー教授に教わろう!:プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか(自己実現編)
      みんなのプロフィール (07/07)

    recommend

    Canon インクタンク BCI-7e 4色マルチパック
    Canon インクタンク BCI-7e 4色マルチパック (JUGEMレビュー »)

    titiのオススメ

    キヤノンのMP770を使っていますが、マルチパックだと送料無料で、時間とお金を同時に節約できました。写真をいっぱい印刷する人にはオススメです。

    recommend

    That's DVD-Rビデオ用 8倍速 50枚スピンドルケース ワイドプリンタブル 白 DR-120WWY50BA
    That's DVD-Rビデオ用 8倍速 50枚スピンドルケース ワイドプリンタブル 白 DR-120WWY50BA (JUGEMレビュー »)

    titiのオススメ

    以前はFUJIFILMのを使っていましたが、いまは太陽誘電に変えました。デジカメ画像の保存とTVの録画に使ってます。自分もアマゾンで購入しました。お得です。

    recommend

    Braun 替ブラシ4本セット オーラルB プラックコントロール用 EB 17-4
    Braun 替ブラシ4本セット オーラルB プラックコントロール用 EB 17-4 (JUGEMレビュー »)

    titiのオススメ

    うちは、電動歯ブラシにしてから、歯医者へは検診と歯石を取るときだけ行ってます。でも、替ブラシ高いし、買いに行くの面倒ですよね。マーケットプレイスだと更にお得になることも。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM